地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」

開催予定のイベントが中止・延期になっている場合がございます。おでかけの際は、事前にご確認ください。

※このイベントは終了しました。

コレクション展(常設展示室)のお知らせ

コレクション展(常設展示室)のお知らせ
フアン・パントーハ・デ・ラ・クルス《フエンテス伯爵》1596-1600 年頃


コレクション展では、「長崎ゆかりの美術」と「スペイン美術」を中心とする長崎県美術館の収蔵品の魅力を、さまざまな切り口によって多角的に紹介されています。
今回は、須磨コレクションの名品やゴヤ版画作品などが展示されます。


◇常設展示室 第3室 「須磨コレクション3」
【会期】12月10日(火)~2020年3月22日(日)
特命全権公使・須磨彌吉郎(1882-1970)が第二次世界大戦中にスペインで蒐集した美術コレクションから選りすぐられた作品が紹介されます。


◇常設展示室 第5室 「スペイン近現代美術3」
【会期】12月10日(火)~2020年3月22日(日)
ゴヤの『戦争の惨禍』、ピカソ、ミロ、ダリ、タピエスなど19世紀から現代までのスペイン美術が紹介されます。


●コレクション展関連企画
連続レクチャー:コレクション・イン・フォーカス
当館学芸員が主にコレクションをめぐってさまざまなテーマで語ります。
【会場】講座室
【定員】40 名
◎聴講無料、当日受付

第13 回「三川内焼の伝統技術」
戦後から現在までに、長崎県の無形文化財の指定を受けた三川内焼の技術者について、所蔵品を交えながら紹介します。
【日時】12月15日(日) 11:00~12:00
【講師】川口佳子(長崎県美術館学芸員)

第14 回「ペレーアの画家とスペイン・ゴシックの転換期」
長崎県美術館の所蔵作家であるペレーアの画家について、同館所蔵作や他の作品の分析を通して詳しくお話しします。
【日時】2020年1月5日(日) 11:00~12:00
【講師】稲葉友汰(長崎県美術館学芸員)

第15 回「スペイン内戦とミロ」
長崎県美術館所蔵の《絵画》(1936)を中心にスペイン内戦期のミロの仕事を概観します。
【日時】2020年2月16日(日) 11:00~12:00
【講師】野中明(長崎県美術館 学芸専門監)
カテゴリ各種ショー、展示会
開催日2019年12月10日(火) ~ 2020年3月22日(日)
【時間】10:00~20:00 (入場は閉館30分前まで)
【休館日】毎月第2・第4月曜日 祝日の場合は火曜日 、 12/29~1/1 ※1/27は開館
開催場所長崎県美術館
長崎県長崎市出島町2番1号
料金【入場料】
一般 400(320)円、大学生・70歳以上 300(240)円、小中高生 200(160)円・( )内は15名以上の団体料金。
・長崎県内在住の小中学生、障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。
・10月10日(木)~ 3月31日(火)(予定)は入場無料
イベントの公式URL(PC)http://www.nagasaki-museum.jp/
お問い合わせ先長崎県美術館
TEL:095-833-2110
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ