地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」

歩いて楽しいながさきの町♪ まちぶらプロジェクト

まちぶらプロジェクト

まちぶらプロジェクトとは?

1.目的

今後、長崎市には、「陸の玄関口」である長崎駅周辺と「海の玄関口」である松が枝周辺の整備により、これからの10年で、長崎のまちの形が大きく変わっていこうとしています。
 このような状況の中、歴史的な文化や伝統に培われた長崎の中心部である「まちなか」においても、この10年を大きな契機と捉え、長崎駅周辺や松が枝周辺と上手に連携させながら、賑わいの再生を図ろうとするものです。

2.対象区域

新大工から浜町を経て、大浦に至るルートを「まちなかの軸」と設定し、軸を中心とした5つのエリアにおいて、それぞれの個性や魅力の顕在化などを進めるための整備をソフト施策と併せて進めます。
【5つのエリア】
新大工エリア、中島川・寺町・丸山エリア、浜町・銅座エリア、館内・新地エリア、東山手・南山手エリア

3.計画期間

期間としては、長崎駅の整備完了予定である10年後を捉え、平成25年度から平成34年度までの10年間を計画期間とします。

4.計画の構成

1)エリアの魅力づくり
各エリアにおいて、まちづくりの方向性を掲げ、各エリアが持つ特色を活かしながら、エリア内の魅力の向上に結びつくような取り組みを進めます。

2)軸づくり
「まちなか軸」を基軸として、各エリア間の回遊性を高める環境の整備を行います。また、「陸の玄関口」である長崎駅周辺や、「海の玄関口」である松が枝周辺等の周辺施設との連携軸の整備のより「まちなか」への誘導を図ります。

3)地域力によるまちづくり
地域や市民自らが企業や行政、NPO等の多様な組織と連携を図りながら、まちを守り、育て、創るために行動し、その集積がまちなかを支えるような地域力や市民力を結集する取り組みを進めます。

5.計画の進め方

「まちぶらプロジェクト」の推進にあたっては、都市再生特別措置法第46条に基づく「都市再生整備計画(まちなか地区)」及び都市再生推進事業制度要綱第2条の5に基づく「長崎市中央部・臨海地域(まちなかエリア整備計画)」などに位置付けるとともに、社会資本整備総合交付金等の活用を図るなど、財源の確保に努めます。

6.計画の見直し

「まちぶらプロジェクト」に基づき取り組みを展開していきますが、社会情勢等の趨勢、あるいは地域との話し合いなどの中で、新たに取り組みとして決定した事項、または、修正等が必要になった事項等に関しては、随時、追加修正等を行いながら、地域と共に計画を進めます。

まちぶらプロジェクトトップへ戻る
まちぶらプロジェクトとは
エリア紹介
まちぶらプロジェクト認定事業紹介