地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」

コレクション展(常設展示室)のお知らせ

コレクション展(常設展示室)のお知らせ
画:田川憲 《 花月唐人の間 》 1955 年 木版・紙 


コレクション展では、「長崎ゆかりの美術」と「スペイン美術」を中心とする長崎県美術館の収蔵品の魅力がさまざまな切り口によって多角的に紹介されています。
今回の展示では、長崎県美術館が誇る名品の数々や長崎で活躍した木版画家・田川憲の作品などが展示されます。

◇常設展示室 第1・2室 「収蔵名品展」
 会期|6月26日(水)~7月30日(火)
約7,000 点にのぼるコレクションの中から主に長崎ゆかりの作品、選りすぐりが展示されます。長崎県美術館が誇る名品たちの魅力をお楽しみください。

◇常設展示室 第3室 「須磨コレクション2」
 会期|7月23日(火)~12月8日(日)
特命全権公使・須磨彌吉郎(1892-1970)が第二次世界大戦中にスペインで蒐集したコレクションから、キリスト教美術を中心に紹介されます。

◇常設展示室 第4室 「2018年度新収蔵品より―――田川憲」
 会期|6月25日(火)~9月8日(日)
田川憲(1906-1967)は、戦前・戦後を通じて長崎で活躍した木版画家で、長崎における創作版画の草分けです。本展示では、2018年度の新収蔵品から、戦前の珍しい作品を含む田川の木版画20点が紹介されます。

◇常設展示室 第5室 「 スペイン近現代美術2 」
 会期|7月23日(火)~12月8日(日)
ピカソ、ミロ、ダリなど20 世紀以降のスペイン近現代美術が紹介されます。


【コレクション展関連企画】
 連続レクチャー:コレクション・イン・フォーカス
 当館学芸員が主にコレクションをめぐってさまざまなテーマで語ります。
 会場|講座室  定員|40名  ◎聴講無料、当日受付

 第8回「森正洋の陶磁器デザイン」
 陶磁器デザイナーの森正洋について、その作品や思想に加え、交友関係や仕事以外の関心事、後世の人々による捉え方など、様々な側面を振り返ります。
 日時|7月14日(日)11:00~12:00
 講師|川口佳子(長崎県美術館学芸員)

 第9回「画家たちの長崎風景」
 多くの芸術家たちによって生み出されてきたイメージとしての長崎風景の系譜をたどります。
 日時|8月11日(日)11:00~12:00
 講師|松久保修平(長崎県美術館学芸員)
カテゴリ各種ショー、展示会
開催日2019年6月25日(火) ~ 12月8日(日)
時間|10:00~20:00 (入場は閉館30分前まで)

休館日|毎月第2・第4月曜日 祝日の場合は火曜日
*8/13(火)、26(月)は臨時開館
開催場所長崎県美術館
長崎県長崎市出島町2番1号
料金【入場料】
一般 400(320)円、大学生・70歳以上 300(240)円、小中高生 200(160)円・( )内は15名以上の団体料金。
・長崎県内在住の小中学生、障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。
《マンデーミュージアム割引》
月曜日はコレクション展に団体料金でご入場いただけます。※休館日は除く
実施期間:実施中~2019年3月
・一般400円→320円
・大学生・70歳以上300円→240円
・小中高生200円→160円
イベントの公式URL(PC)http://www.nagasaki-museum.jp/
お問い合わせ先長崎県美術館
TEL:095-833-2110
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ