地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

長崎市・時津町・長与町の地域情報サイト「まいぷれ」

コレクション展(常設展示室)のお知らせ

コレクション展(常設展示室)のお知らせ
画:舟越保武《聖ヨハネ五島(ヨハネ草庵)》1959~62年頃


コレクション展では、「長崎ゆかりの美術」と「スペイン美術」を中心とする長崎県美術館の収蔵品の魅力がさまざまな切り口によって多角的に紹介されています。
今回の展示では、長崎ゆかりの作家、舟越保武の作品などが紹介されます。

◇常設展示室 第3室 「須磨コレクション3」
 会期|12月12日(火)~2018年3月25日(日)
特命全権公使・須磨彌吉郎(1892-1970)が第二次世界大戦中にスペインで蒐集した美術コレクションの中から、キリスト教美術を中心に選りすぐりの作品が紹介されます。

◇常設展示室 第4室 「舟越保武-長崎26殉教者記念像のためのドローイング」
 会期|12月12日(火)~2018年2月12日(月・祝)
長崎市西坂に建つ《長崎26殉教者記念像》(1962)は彫刻家・舟越保武の代表作であるとともに、日本における記念碑彫刻の白眉を飾る作品です。その制作過程において描かれた一連のドローイングは、極めて高い評価を受ける舟越の幾多のドローイングの中でもひときわ光彩を放つ存在です。今回の展示ではその魅力が味わえます。

◇常設展示室 第5室 「スペイン近代美術3」
 会期|12月12日(火)~2018年3月25日(日)
ピカソ、ミロ、タピエスなど20世紀以降のスペイン近現代美術が紹介されます。

【コレクション展関連企画】
連続レクチャー:コレクション・イン・フォーカス
長崎県美術館の学芸員が主にコレクションをめぐってさまざまなテーマで語ります。
 会場|講座室
 定員|40名
 ◎聴講無料、当日受付

・第5回「鈴木信太郎について」
中央画壇で活躍し、長崎を愛した画家、鈴木信太郎。所蔵作品を中心に、鮮やかな色彩とあたたかなまなざしに満ちた彼の芸術が紹介されます。
 日時|2017年12月17日(日) 11:00~(約45分)
 講師|松久保 修平(長崎県美術館学芸員)

・第8回「ゴヤー『戦争の惨禍』におけるイメージと生成と変容」
ゴヤの銅版画集『戦争の惨禍』におけるイメージの源泉を探りつつ、彼が当作品に込めたねらいを考察していきます。
 日時|2018年3月4日(日) 11:00~(約45分)
 講師|稲葉 友汰(長崎県美術館学芸員)

●コレクション展(常設展示室)
時間|10:00~20:00 ※1/2,3は18:00まで(入場は閉館30分前まで)
休館日|毎月第2・第4月曜日(祝日の場合は火曜日)、12/29~1/1
入場料|一般 400(320)円、大学生・70歳以上 300(240)円、小中高生 200(160)円
    1/29,2/5,2/12,2/19,3/5(いずれも月曜日)は3割引き。
・( )内は15名以上の団体料金。
・長崎県内在住の小中学生、障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。
カテゴリ各種ショー、展示会
開催日2017年12月12日(火) ~ 2018年3月25日(日)
開催場所長崎県美術館
長崎県長崎市出島町2番1号
イベントの公式URL(PC)http://www.nagasaki-museum.jp/
お問い合わせ先長崎県美術館
TEL:095-833-2110
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ